東京ベイシティバス

東京ベイシティバスの乗り方

④運賃のお支払い

ご乗車になりましたら、運賃箱に運賃をお支払いくださいませ。 定期券のお客様は乗務員が判別できるよう、ハッキリとご呈示下さいませ。なお、当社路線バスは「乗車時にお客様がどこまでご乗車するかを乗務員に申告していただき、運賃をお支払いいただく方式」をとっています。起点から終点まで運賃が変わらない系統(1系統、15 系統、16 系統、17 系統、19 系統、20 系統、28 系統)は 運賃箱の操作が必要ないため、運賃をそのままお支払いいただいて結構ですが、それ以外の系統につきましては、おそれいりますが、運賃お支払い前に乗務員に行先をご申告いただきますようお願いいたします。運賃のお支払いは「現金、※交通系 ICカード」ご利用いただけます。
(※Suica(モバイル Suica に対応しています),PASMO,kitaca,TOICA,ICOCA,SUGOCA,manaca,PiTaPa,nimoca,はやかけん)


(例)浦安駅入口から2番系統にご乗車になった場合
終点の舞浜駅、その手前の運賃が変わる停留所の 舞浜三丁目、見明川住宅の順に現金運賃が表示されています。
数秒表示ののち次の運賃が変わる停留所サンコーポ西口、若潮公園を表示しています。
(運賃が変わる停留所でなくても順天堂病院前、新浦安駅北口は表示)

入口からバスご乗車になり左上部(バス車内からの視点ではフロントガラスの上)に運賃表示器があります。ご乗車停留所からの運賃が表示されますが、すべての停留所を表示しているわけではなく、「ご乗車の停留所からの運賃が変わる停留所までの運賃」が表示されています。表示順は最初に終点の停留所、その前の運賃の変わる停留所がご乗車停留所から遠い順に表示されています。数秒表示ののち、次の運賃の変わる停留所が表示されます。
(運賃の変わる停留所でなくとも、新浦安駅、新浦安駅北口、舞浜駅、順天堂病院前などは運賃表示器に表示されるようにしています)

バスの起点から終点まで運賃が変わらないバス便につきましては終点のバス停と現金運賃を表示しています。

【運賃箱の各箇所のご説明】
① お願い:運賃のお支払いの際に 10円硬貨を混ぜてお支払いいただきますと助かります。
(例)運賃 150円の場合、100円硬貨 1枚と10円硬貨 5枚でお支払いいただくと当社としてはありがたいです…。
② 現金はこちらに投入してください。ただしおつりは出ません。ちょうどの現金をお持ちでない場合は両替をお願いします。
③ ICカードはこちらにしっかりタッチ
④ 硬貨の両替はこちらです。50円硬貨、100円硬貨、500円硬貨の両替に対応します。
⑤ 紙幣の両替は1,000円札のみ対応します。現在の1,000円札(野口英世)と一代前の1,000円札(夏目漱石)は両替可能です。
2,000円札、5,000円札、10,000円札の高額紙幣の両替には対応しておりません。
⑥ 両替した硬貨はこちらの取出口から出てきます。おつりではありませんので運賃のお支払いをお願いします。

運賃を現金でお支払いの場合、運賃箱の、バス入口から見て上部の左側に透明の口にお支払いください。なお、透明の口には運賃額ちょうどをお入れくださいませ。おつりはでません。運賃額ちょうどをお持ちでない場合は、運賃箱の、バス入口から見て右側に両替機がありますので、両替をしてから、ちょうどの運賃額を透明の口にお入れくださいませ。

  • 【運賃をICカードでお支払いの際に以下のケースの場合は、カードをタッチする前に乗務員にご申告をお願いします】
  • (1)現金 150円区間以外をご乗車の場合
  • (2)無記名の IC カードをお持ちで、小学生のお客様がご乗車の場合
  • (3)こども Suica,小児用 PASMOをお持ちで、現金 150円区間以外をご乗車の場合
  • (4)一枚のカードでお二人様以上の運賃を引き落としご希望の場合
  • (5)各種割引運賃(障がい者割引など)を適用される場合
  • 【運賃をICカードでお支払いの際に、残額不足でバス運賃を引き落としできなかった場合】
  • つぎの方法で運賃 をお支払いください。
  • (1)不足額を現金でお支払いいただく。→この場合は現金運賃が適用されます。
    (例)現金 150円区間/IC 145円区間でカードをタッチしたら残額が 141円しかなく、
    不足額を現金でお支払いいただく場合。
    トータルでお支払いいただく運賃は145円ではなく、現金運賃の150円です。
    乗務員は運賃箱を操作します。その際に引き落としは10円単位でしか引き落としができません。
    乗務員の運賃箱操作後、お客様には再度ICカードをタッチしていただきますがその際には141円ではなく140円が引き去られます。
    不足額の10円(IC運賃での不足額の5円ではありません)を運賃箱に投入してくださいませ。
  • (2)チャージをしていただき、再度全額ICカードでお支払いいただく→この場合はIC運賃が適用されます。
    ※お願い:バス混雑時はスムーズなバス運行を確保するため、車内でのチャージはなるべくご遠慮いただきようご協力をお願いいたします。
    あらかじめ駅などでチャージしていただきまして、バス運賃額以上の残額がある状態でご乗車いただきますように重ねてお願い申し上げます。

【チャージの流れ】
① ICカードで運賃を支払おうとしたら残額が不足していて、運賃を引き落としできません。
② 乗務員が運賃箱を操作しますので、ICカードを読取部から離してください。
③ 乗務員の操作が完了しましたら、再度読取部にカードを置いて下さい。
④ 運賃箱右側の紙幣投入口に1,000円札を入れて下さい。
(バス車内では1,000円札のみでチャージができます。またカード残額が10,001円以上ある場合はチャージができません)
⑤ この時点ではチャージがされただけで、運賃は引去られていません。乗務員に行先をご申告の上、再度読取部にタッチして下さい。これで運賃が引き落とされました。ご乗車ありがとうございます。